中学受験対策勉強

中学受験対策勉強

中学受験の志望校が決まったら、受験に向けた勉強に取り組みます。
基礎の勉強は志望校が決まる前でも構いませんが、志望校が決まってからはその学校の傾向に合わせた勉強に取り組みましょう。

中学受験対策の参考書や問題集は数多くあります。どれがいいのか分からなければ、比較的薄さのあるものをたくさん取り組んでいくのでもいいと思います。
一冊一冊終わるごとに達成感がうまれますので、お子さんのやる気を引き出すこともできるでしょう。
苦手な問題は繰り返しやりましょう。再び取り組むことを考えると、回答を直接書き込まずにおくのがいいと思います。
厚めの問題集を購入した場合、頭からすべて解いていくのもいいですが、今まで何度も解いてきて自信のあるものはとばしてもいいでしょう。見たことのない、慣れのない問題を優先的に取り組む方が効率的でしょう。

参考書の解説ではどうしても理解ができないということがあれば、学習塾や個別指導型の塾、家庭教師に頼る方法もあります。夏季休暇や冬期休暇だけお願いするのもいいでしょう。理解が出来ればそこからぐんと伸びることが多いのですが、それまでの時間はできるだけ短い方が伸び幅がうまれるかと思います。
中学受験までの期間を有効に使って、充実した試験対策がとれるといいですね。

お知らせ