中学受験をしないという選択枠

最近は、中高一貫校の良さを強調する情報が多く溢れていまます。それに伴い、中学受験を選択する人が近年増えてきております。その学校を受験することを見据えた塾もあります。

そんな中でも中学受験をせず、公立中学、公立高校へと進み、有名大学に進んでいる子もたくさんいます。
中学受験からスタートさせた場合でも、ゴールは大学受験です。その道のりが違っていても、同じゴールに到着なることはよくあります。

中高一貫校では、中学2年までで、中学校のカリキュラムは終了です。中学3年生から、高校2年で高校生のカリキュラムは終了。高3の一年間は、大学受験に費やされます。現実に考えて、1年先取りしている部分を自力で補うことは、大変です。塾や家庭教師などにお世話になることになります。

要は、今置かれている状態を分析し、子供さんが目標に達するための最適なツール、アプローチ方法を考えることが、目標への第一歩となるのです。
中学受験は、子供の人生に大きく影響します。子どもの未来にはたくさんの夢や希望があります。塾にも行かずに、自分の力で地方の高校から東大に合格している人も実際にいます。
わが子を誰よりも理解している親だからこそ、分かることがあります。人生は長いのです。その時々に、様々な試練があります。どの選択枠を選べばよかったなんて答えは、簡単には見つかりません。

今一度、「中学受験」をしないという選択をあるということを考えてみてはいかでしょうか?キレイモキャンペーン